棚澤 寛

Hirosi Tanazawa

       
パイロットとフライトプラン
F130(194x162cm)
アクリル
2012
イカズチ
F10(45.5×53cm)
アクリル
2011
はばたき
S100(162x162cm)
アクリル
2010
ほのお
 F60(97×130.3cm)
  アクリル
 2011
行方不明
 F50(91×116.7cm)
 アクリル 
2009





今 M80(89.4×145.5cm) アクリル 2011
今必要なもの F130(194x162cm) アクリル 2011
振乱女学生鳥瞰図 F130(194x162cm) アクリル 2009
弔火 M10(33.4×53cm) アクリル 2011
氷嬢空 F130(194x162cm) アクリル 2010





旅 27.5×41.5cm アクリル 2011
火花01 F4(33.4×24.4cm) アクリル 2011
火花02 F6(410×318cm) アクリル 2011
記念撮影 51.5×36.3cm アクリル 2011
行方 F4(33.4×24.4cm) アクリル 2011





嬢空 F10(45.5×53cm) アクリル 2010
怒頭 M6(41×24.2cm) アクリル 2011
旅立ちの時
F130(194x162cm)
アクリル
2009
   




棚澤 寛

Hirosi Tanazawa
 
私は、学生時代東北で暮らしていた経験から、自然の綺麗さを表したいという思いが強くなってきましたが、関東に移り住み、題材は都市へと移り変わってきています。
もっぱら空にあこがれた少年で、飛行機に乗る度に窓に貼りついていたのを覚えています。
人が広大な空にあこがれ、天空で巻き起こる現象を神秘的な物語や伝説として例えた時代。
航空技術を発展させてきた時代を調べるにつれ、数知れない人間が空に思いをよせた事自体も面白い事だと感じるようになりました。
今日においては、人が空に舞い上がる事は決して珍しい事ではなくなってしまったように思います。CG技術も進歩し迫力ある映像は手軽に楽しめるようになりました。
しかしこの空が無ければ私たちはきっとあらゆる意味で存在できないでしょう。例えば離れた土地に暮らしていても、この空でつながっているという安心感。どんなに辛い事があっても毎日太陽は同じようにのぼるというあたたかさ。
毎日様々な表情を見せるですが、気が付けば日々の忙しさにとらわれ、空を見上げる時間が少なくなってきているのを感じます。
 私は、そんな魅力あふれる天空に直接人を飛ばす事によって、人の感情表現であったり、思いを比喩する舞台として考えています。
そこで重なるイメージが時として不思議な現象を巻き起こします。次なるイメージを是非楽しみにしていて下さい。
<profile>
 
1983   埼玉県出身
2006
  東北芸術工科大学芸術学部美術科洋画コース卒業
2008   同大学大学院芸術工学研究科修士課程修了
    個展
2007
  カフェレストランJURI(山形)
    ファミリークリニックやざわ(山形)
    「山芋魂」(仙台メディアテーク・宮城)
    CAF.N仙台展(仙台メディアテーク)
    「あつまっ展~この夏いろ色ひと休み~」(山形)
  東北芸術工科大学院生展(ピクニカ・宮城)
2008
  同大学大学院芸術工学研究科修士課程修了
    KEYgallery・青樺画廊(東京)
    第26回上野の森美術館大賞展 賞候補 (東京)
  自然の輝きと心の循環展(アートフロンティア・東京)
第76回独立展 新人賞 (国立新美術館・東京)
2008CAF.ネビュラ展(埼玉県立近代美術館・埼玉)
2009 青樺画廊(東京)
第8回福知山市佐藤太清賞公募美術展 日本画部門入選(京都)
第27回上野の森美術館大賞展 入選(東京)
2009春季独立 新人選抜展 選抜賞 (東京)
絵の具だより芳賀一彰×棚澤寛(山形)
enoma  drawing fair   (ピクニカ・宮城)
第8回埼玉独立展 (埼玉県立近代美術館・埼玉)
 CAF.N仙台展(仙台メディアテーク)
第77回独立展 賞候補 (国立新美術館・東京)
第62回麓原展 麓原賞 (埼玉)
2009CAF.ネビュラ展(埼玉県立近代美術館・埼玉)
第9回 福地山市 佐藤太清賞公募美術展 日本画部門入選(京都)
2010 川越三番町ギャラリー(埼玉)
山芋トリオ展 (エノマ・宮城)
    サッポロ未来展 招聘出品(北海道)
第45回昭和会展 招待出品 (東京)
第28回上野の森美術館大賞展 入選(東京)
絵の具だよりVol、2 芳賀一彰×棚澤寛(山形)
DOCKITSU  (新井画廊・東京)
第9回埼玉独立展 (埼玉県立近代美術館・埼玉)
第1回埼北独立5人展(亜露麻・埼玉
アートアワードネクスト#1(東京芸術倶楽部・東京)
第78回独立展 賞候補 (国立新美術館・東京)
第63回麓原展 (埼玉)
2010CAF,ネビュラ展(埼玉県立近代美術館・埼玉)
第20回石川独立DO展(石川県立美術館・石川)
2011 第10回サッポロ未来展ノマディックサーカス(北海道立近代美術館・北海道)
2nd DOCKITSU (新井画廊・東京)
第10回記念埼玉独立展 (埼玉県立近代美術館・埼玉)
わくわくながめ 芳賀一彰・棚澤寛 (山形)
第79回独立展 賞候補 (国立新美術館・東京)
第64回麓原展 堀賞(埼玉)
第2回埼北独立8人展(亜露麻・埼玉)
2012 春季独立新人選抜展2012(東京都美術館・東京)
3rd DOCKITSU(新井画廊・東京)
SICF13  (スパイラル・東京)
第11回埼玉独立展(埼玉県立近代美術館・埼玉)
第80回記念独立展 (国立新美術館・東京)
天童アートロード (天童市美術館・山形)
第3回埼北独立8人展(亜露麻・埼玉)
    第65回麓原展 (埼玉)
2013 IAEM hiroshi tanazawa 2013 art exhibition – dwelltime・cambridge ma
ユニグラバス展- gallery UG, 東京
たんざく展- 奈良まほろば館, 東京
うごめく東北の鼓動vol.2- 井上画廊, 東京
DOCKITSU Group show 4th – 新井画廊, 東京
第81回独立展 (国立新美術館・東京)
棚澤寛 個展- gallery UG, 東京