前垣 美沙子

Misako Maegaki

みちる
Michiru
70×42×40cm
発泡スチロール・
石粉粘土
styrofoam,
stone powder clay
しずく
Shizuku
152×37×70cm
発泡スチロール・
石粉粘土
styrofoam,
stone powder clay
のぞみ
Nozomi
174×41×48cm
発泡スチロール・
石粉粘土
styrofoam,
stone powder clay
 maegaki106  maegaki107 maegaki110 maegaki109 maegaki108
seeing is believing
150×70×100.5cm
石粉粘土、気
どうどう
DOUDOU
64×30×30cm
テラコッタ
maegaki103 maegaki104 maegaki105
あゆむ
むい
Let it be
43×12×18cm
石粉粘土、苔
stone powder clay, moss
 maegaki82  maegaki83  maegaki84  maegaki85  maegaki99
ねこども
NEKODOMO
紙粘
ここち
cocochi
35×23×45cm
石膏・和紙
ここち
cocochi
28×23×37cm
石膏・和紙
ここち
cocochi
30×20×53cm
石膏・和紙
ここち
cocochi
石膏・和紙
ug150110_42 ug150110_40 ug150110_41
ソシテ、
soshie.
2010
楠・木粘土
てのなか
in the hands
8×15.5×11cm
石粉粘土
発砲スチロール

mu
12×10×10cm
石粉粘土
発砲スチロール

chi
10×12×10cm
石粉粘土
発砲スチロール

hu
10×10×10cm
石粉粘土
発砲スチロール
1
14×20×16cm
3
17×14×18cm
まる
maru
21×15×15cm
石粉粘土・樹脂粘土
発砲スチロール
まる
maru
21×15×15cm
石粉粘土・樹脂粘土
発砲スチロール
まる
maru
21×15×15cm
石粉粘土・樹脂粘土
発砲スチロール
てのひら
tenohira
8×8×6cm
紙粘土・苔
ままに
13×15×17cm
紙粘土・水苔
おでむかえ
27×9×12cm
発砲スチロール
樹脂粘土・羊毛フェルト
せっせっせ
27×17×22cm
発砲スチロール
樹脂粘土・羊毛フェルト
まってる
22×13×12cm
発砲スチロール
樹脂粘土・羊毛フェルト
いだく
idaku
38.2×24.2×27.6cm
ラテックス・ファー
いだく
idaku
35×25×27.6cm
ラテックス・ファー
みるみえる
17.5×45×17cm
発砲スチロール
石粉粘土
樹脂粘土・羊毛フェルト
みるみえる
17.5×45×17cm
発砲スチロール
石粉粘土
樹脂粘土・羊毛フェルト
みるみえる
発砲スチロール
石粉粘土
樹脂粘土・羊毛フェルト
習作
2010
大理石
しらないところ
2011
大理石
かくれんぼ
2011
石粉粘土
発砲スチロール
しらずしらず
2011
石粉粘土・ブロンズ粘土
しらずしらず
2011
石粉粘土・ブロンズ粘土
さがしもの1
25×28×15cm
石粉粘土・木粘土
チーク材
さがしもの1石粉粘土・木粘土
チーク材
さがしもの2石粉粘土・木粘土
チーク材
さがしもの2石粉粘土・木粘土
チーク材
さがしもの3石粉粘土・木粘土
チーク材
さがしもの3石粉粘土・木粘土
チーク材
さがしもの4石粉粘土・木粘土
チーク材
さがしもの4石粉粘土・木粘土
チーク材
てん きになる
ten kininaru
40×21.5×32cm
石粉粘土・石膏
発砲スチロール
てん きになる
ten kininaru石粉粘土・石膏
発砲スチロール
てん のぞく
ten nozoku
27.5×25×27cm
石粉粘土・石膏
発砲スチロール
てん のぞく
ten nozoku石粉粘土・石膏
発砲スチロール
てん まちぼうけ
ten machiboke
32×23×33.5cm
石粉粘土・石膏
発砲スチロール
てん まちぼうけ
ten machiboke石粉粘土・石膏
発砲スチロール
ないしょ・あのね
7.5×6×7cm
陶土
ないしょ陶土 あのね陶土 ないしょ陶土 あのね陶土
ななつのまねごと
クリーム
13.5×6.5×6.5cm
石粉粘土・ラワン材
ななつのまねごと
クリーム
13.5×6.5×6.5cm
石粉粘土・ラワン材
ななつのまねごと
ピンク
13.5×6.5×6.5cm
石粉粘土・ラワン材
ななつのまねごと
ピンク
13.5×6.5×6.5cm
石粉粘土・ラワン材
ななつのまねごと

13.5×6.5×6.5cm
石粉粘土・ラワン材
ななつのまねごと

2013
石粉粘土・ラワン材
ななつのまねごと

2013
石粉粘土・ラワン材
ななつのまねごと

2013
石粉粘土・ラワン材
ななつのまねごと

2013
石粉粘土・ラワン材
ななつのまねごと

2013
石粉粘土・ラワン材
ななつのまねごと

2013
石粉粘土・ラワン材
ななつのまねごと

2013
石粉粘土・ラワン材
ななつのまねごと

2013
石粉粘土・ラワン材
ななつのまねごと

2013
石粉粘土・ラワン材
わたる
25×25×45cm
陶土・鉄
おはなし
8×11×9cm
粘土
 まる
maru
21×15×15cm
発泡スチロール・石粉粘土・樹脂粘土
 まる
maru
21×15×15cm
発泡スチロール・
石粉粘土・樹脂粘土
 まる
maru
21×15×15cm
発泡スチロール・石粉粘土・樹脂粘土
 すずね
bells
13×15×10cm
発泡スチロール、石粉粘土
styrofoam, stone powder clay
 maegaki78  maegaki79 maegaki80  maegaki81
 ひび
days
26×15×15cm
発泡スチロール、石粉粘土
foam, stone powder clay
 maegaki87  maegaki88  maegaki89  maegaki90  maegaki97
ひび
days
26×15×15cm
発泡スチロール、石粉粘土
foam, stone powder clay
 maegaki91  maegaki92  maegaki93  maegaki94  maegaki98
 ひび
days
26×15×15cm
発泡スチロール、石粉粘土
foam, stone powder clay
 らく,こう,よう
Falling,
Thinking,
Melting
17×31.5×30
15×37.5×24.5
17.5×36.5×22
テラコッタ
maegaki95 maegaki96 maegaki86

前垣美沙子
「ねこどもについて」
自然に対する憧れから始まった挑戦は、早々に負けを認めることになりました。
人体の中にその美しさを探してみたり、単純に大きなものにしてみたり、自然そのものを手にしてみたり。
自分も自然の一部でありながら、人の中だけで見ても力は弱く、比べ物になど端からなっていなかったのです。
そもそも勝ち負けを意識したり、対抗してみるようなものではなかったのです。
そんな自分に残されていたのは身近にある小さな命たちでした。私よりも自然に近く、その1つとして溶け込む、純粋な姿たち。
美しさよりも、心地よさ、可愛らしさとして新しく見えてきた形たち。
それが小さな子どもと猫の姿であり、それらは外見から、内面から、全てが新しい発見の塊でした。
その姿に、生き方に、目を向け手を動かし、いくつもの新たな形を生み出してきました。
フォルムは心地よく、手になじむように、可愛らしさと、それだけではない内面の葛藤や成長にまで目を向けて。
そして気付くのです。
彼らの成長の先にあるのが、今の私のような未熟な姿であること、追ってきたのは、私も通ってきた道であることを。
忘れてしまった頃の姿に憧れて、自分で捨ててしまったものを大事に拾い集めていたことを。未成熟な姿は、私の見ている世界を伝えるのにとても効果的なものでした。
何故ならそれが、私自身の思う理想の姿だったからです。単純に、人間の子どもの成長と変化に目を向けているだけの時もありました。
だけど彼らは本当の子どもではありません。
猫のように、時間の流れに逆らうことなく、ありのままに生きることも知っている子どもです。
私が生み出すのは、命が成長してゆく姿だけではなく、私自身の世界への思いや、小さな抵抗です。猫と子どものまるいまるいフォルム中に心地よい形を求めて。
そして子どもは成長する。子どもはいつか大人に成長します。
私に愛らしさ、そして純粋で無知なことの美しさを教え残し、最後はそっと消えてしまいます。
その姿を私は、彼らと共にじっと見続けていくのだと思います。
1988 埼玉県出身
2009 どうぶつ展(コモギャラリー・埼玉大学)
Hello! Works!!展(下北沢)
森林公園アートフェスタ2009参加(国営武蔵丘陵森林公園・埼玉)
2010 やえなり~16の物語~展(四谷)
Nobody Else EaTer展(銀座)
掌展Vol.7 -ギャラリ(ユニグラバス銀座館・銀座)
2011 AAC Fresh!!(The Artcomplex Center・新宿)
掌展Vol.8(ユニグラバス銀座館・銀座)
KAKURENB”(ノイ・フランク アトリエ那須・那須)
ART TAIPEI2011 (World Trade Center・台北)
A-TO展 Vol.10 (gallery UG・馬喰町)
3人展(gallery UG・馬喰町)
2012 TOUNG ART TAIPEI 2012 (Sheraton Hotel・台北)
掌展Vol.9 (gallery UG・馬喰町)
A-TO展 Vol.11 (gallery UG・馬喰町)
ART TAIPEI 2012(World Trade Center・台北)
ART ASIA Korea2012(SEOUL COEX・ソウル)
YOUNG ART TAIPEI 2012(Sheraton Hotel・台北)
2013 個展(gallery UG・馬喰町)
YOUNG ART TAIPEI 2013(Sheraton Hotel・台北)
2014  Laissez-faire(レッセフェール)(上野の森美術館ギャラリー・上野)
 2015 Affordable Art Fair2015( F1 Pit Building・シンガポール)
YONG ART TAIPEI 2015 (Sheraton Hotel・台北)
Laissez-faire(THE LUXE ART MUSEUM・シンガポール)
Misako Maegaki
 “About nekodomo”
Challenge that began from longing against the nature; I became to realize that I have been defeated to early. Try looking for that beauty in human body, try making bigger things simply, or trying to the nature itself in my hand.
Yet I also a part of nature, the power is weak only among the people, I was not on the place of compare. I was not in compete or the winning or losing consciousness. Something had been left for me was a small life around me.
They are more close to nature than me, blend pure figures as the part of it.
More than beauty, the forms who have seen as comfort and attractiveness.
It is a form of a small child and cat, from the appearance, from its inner; everything was new findings.
In the figure, the way of life, to observe and move the hand to create, and I has produced a number of new forms.
Form is comfortable, as adjusting to a hand, attractiveness, and I look to the growth and inner struggle.
And I notice.
It is in the destination of their growth which is a form immature like me now, they have been following me that it is a way that I have past.
That yearning to the figure of the time that has been forgotten which I had been picked up to take care of what I have thrown away by myself.
The immature figure was very effective to convey the world that I see. Because it is the ideal shape I think of my own.
Simply, I just have the time to see the growth and change of human offspring. But they are not the child. Like a cat, there is a child who knows that to live truth without having to go against the flow of time.
Rather than just figure that life is growing up, I produce my thought to the world and a small resistance.
Seeking a comfortable round form of child and cat.
And child continues growing.
Child will grow to adult someday.
Leaving to teach the loveliness and beauty of things of pure ignorance to me, it will be gone gently at last.
I think I will continue stare the incident with them.
1988 Born in Saitama, Japan
2009 Animal Exhibition (KOMO gallery, Saitama University)
Hello! Works!! Exhibition (Shimokitazawa, Tokyo)
Art Festa (National Government Park Musashi- kyuryu)
2010 YAENARI ~16 stories ~Exhibition (Yotsuya, Tokyo)
Nobody Else EaTer Exhibition (Ginza, Tokyo)
Exhibition for Small Sculptures Vol. 7(Gallery Uniglavas Ginzakan- Ginza, Tokyo)
2011 AAC Fresh!!(The Artcomplex Center-Shinjuku, Tokyo)
Exhibition for Small Sculptures Vol. 8(Gallery Uniglavas Ginzakan- Ginza, Tokyo)
KAKURENB” (Neu Frank Atelier Nasu, Tochigi, Japan)
ART TAIPEI2011 (World Trade Center・Taipei)
A-TO Exhibition Vol.10 (gallery UG, Tokyo)
3 Young Sculptors Exhibition (gallery UG, Tokyo)
2012 YOUNG ART TAIPEI 2012 (Sheraton Hotel・Taipei)
Exhibition for Small Sculptures Vol.9 (gallery UG, Tokyo)
A-TO Exhibition Vol.11 (gallery UG, Tokyo)
ART TAIPEI 2012(World Trade Center・Taipei)
ART ASIA Korea2012(SEOUL COEX・Soul)
YOUNG ART TAIPEI 2012(Sheraton Hotel・Taipei)
2013 Solo Exhibition (gallery UG, Tokyo)
YOUNG ART TAIPEI 2013(Sheraton Hotel・Taipei)
2014  Laissez-faire(The Ueno Royal Museum gallery ・Tokyo)
 2015 Affordable Art Fair2015( F1 Pit Building・Singapore)
YONG ART TAIPEI 2015 (Sheraton Hotel・Taipei)
Laissez-faire(THE LUXE ART MUSEUM・Singapore)